スクール側からの就職斡旋に対するサポートは?

私はホームヘルパー2級と福祉用具専門相談員を三幸福祉カレッジで取得しました。
三幸福祉カレッジでは資格を取得するとスクーリングの最後に仕事の登録をします。

 

自分の要望を提出

すぐに介護業界で仕事することを望んでいるのか?

 

また介護の仕事をする場合、頻度や給与などについて、勤務地など、一般的な就職したい時の希望のようなものを予め決められた用紙に記入して提出をします。

 

当時フルタイム勤務(一般企業で事務員)していたので、介護はやりたい気持ちはありつつも、実際は働けないのが現実でした。

 

それでも、可能ならばと思い、週末(土日のどちらか)に短時間でしたら勤務可能という難しい条件を記入し提出しました。

 

その後

一身上の都合から退職し、数年後いよいよ希望の介護の仕事に就いたのです。
訪問介護事業所にて非常勤職員として勤務をスタートしました。

 

すると、ちょうど同じ時期に三幸福祉の事務の方から電話が入りました。
「現在のお仕事について、伺いたいのですが、その後、介護のお仕事はされていますか?」
とのことでしたので、

 

「非常勤職員ですがヘルパーとして働いています。子供が小さいので短時間勤務にさせてもらっていて満足しています。」
と答えました。

 

すると、
「わかりました。頑張ってください。」
と電話は終わりました。
その1年後に、また三幸福祉の事務の方から同じような電話が入りました。

 

「1年前にお電話を差し上げた時、ヘルパーを短時間でされているとのことでしたが、その後お変りはありませんか?」
という内容でしたので、

 

「変わらず、同じ事業所で働かせてもらっています。待遇もよく満足しています。」
と答えると

 

「わかりました。何かありましたら、こちらでもお仕事を斡旋しますので、ご連絡ください。」
と言われ電話は終わりました。

 

その後も定期的にお電話をいただきます。
資格を取得したら、それで終わりではなく、何年経ってもサポートしてくれるありがたい学校です。

 

もちろん三幸福祉カレッジさんも、ヘルパーを斡旋することで手数料などを頂いているのでしょうが、スクールからの依頼で働けるというのは何もないよりは安心できるというものです。

 

今のところ、自宅近所の事業所にお世話になっていますが、いつか引っ越しなどで離れた地域に住むことになったとしても、全国にある三幸福祉なら安心してサポートしてもらえるので安心しています。