仕事をしながらでも無理なく取得する方法

福祉用具専門相談員養成講座を受けようと決めた時、私は一般企業でフルタイム勤務をしていました。

 

介護職や福祉用具に関する職場に勤めていれば、スクーリングなど、ある程度融通を利かせてくれる会社もあるようですが、私は全く関係のない一般企業の事務員として働いていたので、
「資格の勉強をしたいから残業はできません、時短勤務でお願いします」
といったことは会社側には言えませんでした。

 

ですから、会社の休みの日にスクーリングを開催されるかの確認から始まりました。

 

週末のスクーリング

土曜日も定期的に出勤のある会社でしたが、そこは理解ある同僚に助けてもらい、なんとかスクーリング中の土曜出勤は避けるように出勤日の予定を組むことができたので、土曜コースに申し込むことができました。

 

私が通ったコースは毎週土曜日、1日7〜9時間(うち1時間は昼休み)で全7回でした。
毎週土曜日はスクーリングを受けるという生活が7週間続きました。

 

それでも、週末なので、平日は仕事に集中でき残業も断ることなく普段通りのペースで仕事ができ、休日は福祉用具の勉強に集中できたので、有意義な7週間となりました。

 

短期集中コース

たいていのコースは土曜か日曜の週1回、7週間掛けて取得というのが多いようですが、短期集中コースもあります。
回数は同じく7回通うことになるのですが、平日に週3日くらい通えるコースがあるので、2週間で取得できるのです。

 

時間は朝から夕方まで1日7〜9時間(うち昼休み1時間)です。学習する内容も変わりはありません。
学生さんや主婦の方など、平日の日中にまとまった時間が確保でき、且つ早く取得したいという方には最適な日程です。

 

週末コース

先にも述べましたが、私は平日仕事があったので、土曜日コースを受けました。

 

当時は平日の夜間のコースもあった記憶があるのですが、コースの日程については、生徒さんにより変動があるので、今は土曜コースと日曜コースがメインのようなので、働きながら取得するという方が増えているのかもしれません。