三重県の友人が取得した時の話

私は福祉用具専門相談員の資格を大学時代に取得しました。

 

この資格を取得しようとした理由は、取得当時福祉用具関係の仕事に就きたいと思っていて、ちょうど大学の掲示板にその資格の講座が開かれると記載されていたからでした。

 

ライフテクノサービス

私は、三重県に住んでいて当時その資格を取得できる場所は県庁所在地の津しかありませんでした。

 

ライフテクノサービスという会社主催の講座で、日程は土日のみで遅刻や早退などなく5日間みっちりその講座を受講すれば、資格が取得できました。

 

講義の内容は、福祉用具を実際に販売している会社の方が福祉用具の使用方法などを実際に見せ、その後私たち受講者が実際に使用してみるというだけのものがほとんどでした。

 

また、福祉用具の使用をする前に少しの工夫で生活がしやすくなる場合もあるので、福祉用具専門相談員として働く場合の利用者への対応方法などの講義もありました。

 

勉強方法はテキストに沿って行われるものとそうでないものがありましたので、そうでないものは、講師の方の話をできるだけメモに残すようにしました。

 

講師の印象

講師の方はユーモアのある方で、受講者への気配りがとても素晴らしく、受講者どうしでも仲良くなれる雰囲気を作ってくださったので、とても良い講座でした。

 

就職へのサポートは特にありませんでしたが、講師の方の会社への誘いは講義中に何度かありました。

 

講座が修了してしまったので、最後まできちんと経過を聞くことはできませんでしたが、実際に受講生の方には、お世話になっていた方もいるようでした。

 

そのような出会いがあるのも講座受講のメリットだと思います。