なぜ三幸福祉カレッジを選んだか?

福祉用具専門相談員を取得したいと思った時、私は迷わず三幸福祉カレッジにしようと思いました。
なぜなら介護職員初任者研修(受講した時はヘルパー2級)を取得した時も三幸さんでしたし、その時の印象がとても良かったからです。

 

介護職の同僚からの口コミだと、大手のニチイはどことなく機会的なところがあって良くなかったと聞きます。
三幸さんも大手の方なのですが、受講者目線というか面倒見の良さは介護スクールの中で一番良いのではないかと思います。

 

福祉用具専門相談員資格は、講義の中で実際に用具を手にしながら学ぶものです。
なので、雑なスクールで学んでしまうと、学習が不十分になってしまって大変に危険だと思います。

 

通える範囲に三幸福祉カレッジの教室がある方は、ぜひ検討してみてください!

 

福祉用具専門相談員の詳細はこちら!

 

福祉用具専門相談員の資格

 

福祉用具専門相談員講座の日程について

当時、私は介護とは関係ない仕事をしていたので、土日の週末コースに申し込みました。

 

ホームヘルパーの時も平日は仕事、週末はスクーリングという生活で大変な思いをしましたが、福祉用具専門相談員の時も、その時と同じで、少し大変なのは覚悟の上での申し込みです。

 

自分の将来の為、自分のやりたいことへのステップアップなので、やる気もありましたし、時間的な忙しさは気合で乗り切りたいところですね。

 

通信講座ってあるの?

ちなみに、一応ですが福祉用具資格は通信講座でも取得できるのかどうか調べましたが見つかりませんでした

 

ヘルパー2級と同じように、座学で学べる分は通信で学んで、実際に体験する必要があるものはスクーリング(通学)で学ぶという講座もあっても良いように思いましたが、見つかりませんでした。

 

特に働きながら転職を目指す方や不規則なお仕事の方などは、毎週決まった時間にスクーリングを受けるのは難しいと思うので通信講座があると便利なんですけどね。

 

ちなみに現在の介護職員初任者研修は集中講座を受講すれば1ヶ月で取得できます。
その点は私が作った「介護職員初任者研修最短.com」にまとめてあります。

 

でも、確かにこの福祉用具専門相談員の場合、学ぶ内容の性質上、通信講座で学べることは少ないのかもしれません。
逆に通信で取得できてしまったら、誰が一番不安なのかというと、取得した本人だと思います。

 

例えば、

  • 介護用の特殊ベッド
  • 体位変換器
  • 床ずれ防止マットレス
  • 入浴用リフト、入浴補助、浴槽用の用具
  • ベルト、スロープ、手すり
  • 食器
  • 車椅子、付属品
  • 歩行器

などの使い方を、テキストで学んだからと言って、実物を見た時にどのように使うかってわかると思いますか?

 

どんなに天才の人でも私は無理だと思います。
用具に触ったこともないのに、いきなり仕事なんてできるはずないですよね。

 

ですから、福祉用具専門相談員に関しては、通信は最初から無いものと思って、通学して学ぶタイプを選ぶのが最善だと思います!

 

講義の内容

講義内容の詳細は、当サイト全体で紹介していますが、座学とロールプレイングの両方を行っていきます。
実物の用具がある環境で学べるので、楽しく学習が進みました。

 

振り替え

また三幸福祉カレッジの場合は、やむを得ずスクーリングに出られない場合、無料で振り替えができるので、その点でもよかったです。